ご家族様・医療介護関係者様へ


 

ご家族のみなさまへ


当治療院が提供する訪問マッサージは、患者さまの痛みを和らげたり、運動能力を維持・向上を目指し生活の質を少しでも上げることを目標として活動しています。

  • 寝たきりで、歩行が困難な方
  • 筋肉の麻痺や関節の固まりがある方
  • 生活動作が困難な方(食事、入浴、着替えなど)
  • 腰や膝、足などに痛みやしびれがある方
  • 退院直後で日常生活に身体を慣らしていきたい方
  • などの患者様には最適なサービスです。

患者様ご本人のご希望や目標に合わせた施術内容でトイレの移動や、洋服の着脱などご家族さまの介護負担の減少にもお役に立てればと考えています。


◆医療関係のみなさまへ


2006年に医療法が改正され、病院での入院期間、リハビリ期間が大幅に短縮されました。

このため、多くの方が、病院でマッサージや機能回復訓練を受けたくても受けられず、自宅に引きこもり、寝たきりになるケースが多くなっています。このため自宅でのご自身による地道で継続的なリハビリが何よりも重要になってきます。

しかし、筋肉の麻痺や、関節拘縮などがあると、思うように体を動かすことができません。また、機能回復訓練には、専門的な知識が必要となるため、何をどうしたらよいのかわからず、自己流で行い、回復がはかどらない状況が多く見られます。

また、通院に伴う時間や、付き添い、移動の費用なども、患者様とそのご家族にとって大きな負担となり、適切なリハビリを続けるのを妨げている原因となっています。

このような状況の中で、当治療院は、在宅での患者様とそのご家族の負担を少しでも軽くするため、医療保険制度を利用し、低料金で自宅で受けられる医療マッサージ、機能回復訓練などのサービスの提供をおこなっております。

◆介護関係のみなさまへ


2015年6月に出された政府の骨太の方針の中で、「都市・地方それぞれの特性を踏まえ、在宅や介護施設等における看取りも含めて対応できる地域包括ケアシステムを構築する。」と提言され、今まで以上に地域における医療と介護の連携また地域住民の協力が必要な時代となってきています。

このような状況の中で、当治療院は、慢性期や維持期の患者様が在宅生活を続けていくためには、痛みの緩和や残っている機能の維持・改善、あるいは精神面のサポートが大切であると考えます。

訪問マッサージを行う上で、医師をはじめ、看護師やOT、PT、ケアマネジャー、ヘルパーの皆様にご理解いただき、関係機関と積極的に連携をとりながら、チーム医療の一員として貢献していきたいと思っています。

◆ご対象となる方


  • 脳疾患障害による半身麻痺や半身不随のある方

  • 骨折や関節手術後の運動障害のある方

  • リウマチや骨変形症のある方

  • その他、筋肉の麻痺・関節拘縮のある方


主な適応症

脳梗塞、クモ膜下出血、関節リウマチ、変形性膝関節症、人工関節、パーキンソン病、骨粗しよう症、交通事故などによる歩行困難、寝たきりの方など。
その他の病気による各種症状のある方、通院できない方、困難な方。
症状に当てはまらなくとも、身体に不自由な痛みや辛さがある場合、医師の同意書さえあれば保険適用のマッサージを受けることが可能です。
※適応・不適応がわからない方は、お気軽にお尋ね下さい。

また、上記の条件・症状に該当し、主治医の同意を得れば、訪問医療マッサージが健康保険で受けられます。

介護保険ではなく「健康保険」の使用となるので、1回20分のマッサージが300〜440円程度で受けられます。

保険にて費用請求いたしますので、個人負担が少なく安心して施術が受けられます。

 



 

↑ ページの上部へ